基板設計(アートワーク)

基板設計(アートワーク)について紹介します。

 ■どんな内容?
 基板設計は電気回路を元に、実際の配線をプリント基板に描いていく
 仕事です。

 20数年前から簡単なプリント基板はCADを使って自分で基板設計をする
 ようになりました。今ではほぼすべて自社で基板設計しています。

 「CADがよくなった」のと「慣れた」ことでけっこうな速さで設計でき
 ます。

 自分で設計した電気回路は電気の流れがよく見えているので、考えた
 とおりに基板の設計ができる利点があります。

 ■どんな所が難しい?
 小さい基板に配線を通すのが難しいです。

 ■どんな所が面白い?
 絶対に入らないだろうと思っていた配線が、部品の配置を変えることで
 簡単に入ってしまうところが面白いですね。

 ■どんなスキルが必要?
 パズルが好きな人は得意だと思います。
 電気回路を読めることが必須です。(電気の流れを読める)

ソーラーカー用モータドライバ

 ソーラーカー用モータドライバ(柴田)

 ■どんなテーマ?
 20年ほど前のテーマです。
 その当時流行ったソーラーカー用モータのドライバ開発を請け負いました。
 ブラシレスDCモータの速度制御ドライバですね。電流値は50A程度でした。

 ■どんな所が難しい?
 大電流を扱うパワーエレクトロニクスはノイズ対策が難しいです。
 大電流スイッチングに伴うノイズで回路が誤動作することがあります。

 デバッグも大変です。
 設計ミスや誤動作でパワー素子の駆動を間違えるとIGBTやパワーMOSFETが
 爆発します。

 ■どんなスキルが必要?
 当時はモータ制御に適した組み込み用のマイコンが無かったので、
 アナログ回路と標準ロジックで回路を構成しました。
 アナログ回路デジタル回路のスキルが必要です。

 今同じ装置を作るのであれば制御回路のほとんどは組み込みマイコンで
 構成出来ます。組み込みマイコンと組み込みソフトのスキルも必要です。

 また大電力を扱うのでパワーエレクトロニクスのスキルと、モータ制御
 するための制御工学の知識も必要です。
プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
関連記事へ

制御 サーボモータ コントローラ 組み込み ロボット シーケンサ 計測 デジタル回路 PLC アナログ回路 LabVIEW MS-DOS FPGA 試験装置 電流源 メッキ用電源 ネットワーク コーヒー ソフトウェア 基板設計 3D 

リンク
検索フォーム