スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーケンサ制御

 守本(裕)がシーケンサを使用した制御システムを紹介します。

 ■どんなテーマ?
 ラダープログラムを使用した制御装置です。
 センサー、スイッチ等の機器の信号をシーケンサに書き込んだプログラム
 で制御をします。

 ■どんな所が難しい?
 大量の制御信号を組み合わせて作成するところです。
 ひとつ間違えると全然違う動きになってしまうので、トライアンドエラー
 の連続です。

 ■どんな所が面白い?
 作成に時間がかかるだけあって、完成した時の達成感が高いところです。
スポンサーサイト

産業用ネットワーク

 村山が紹介する産業用ネットワークを使った生産設備です。

 自動機や生産設備のメインの制御構成は同じような構成になる場合が多く、
 以前の設計資産を活用することでコストや納期を抑えることができます。

 しかし基本設計自体が古く再構成する場合や、新規開発時の構成を考える
 場合に産業用ネットワークを使うことで多くのメリットが得られます。
 
 ■フィールドバス
 フィールドバスはI/Oレベルの産業用ネットワークです。
 (入出力ユニットおよびサーボコントローラ、インバータ、調節計等との
 接続が可能またRS232C等のシリアル通信も可能)
 
 国内ではCC-Link,DeviceNet, プロフィバス等のオープンネットワーク
 メーカ独自仕様のネットワークが利用されています。

 I/Oレベルのネットワークはかなり普及しておりメインコントローラ
 (PLC,PC等)にインターフェースカードを増設し汎用I/O同様に
 取り扱うことが可能です。

 主に省配線を目的に発展した経緯が有ります。

 ■情報レベルネットワーク
 近年では装置内の細部に渡る運用状態管理、複数のコントローラを持つこ
 とによる装置ユニット間の同期、少数多品種生産における工程変更等、高
 度かつ複雑化する制御が求められます。

 大量データを扱うため、これに対してフィールドバス系のネットワークで
 は実現が難しくなりつつあります。

 大量データの高速通信と、さらにI/Oレベルまで網羅できる産業用ネッ
 トワークとしてEtherNetベースのネットワークが普及してきています。

 国内ではEtherNet-IP, CC-Link IE, FL-net, PROFINET, EtherCAT等のオー
 プンネットワークが有ります。

 EtherNetベースでの通信では信頼性の面で不安が有りましたがソフトおよ
 びハードの両面から信頼性を上げる工夫がなされております。
 
 安全面でも既に規格化が進んでおりセーフティ対応も可能です。
 
 また省エネの観点から部分停止等が可能なエネルギー管理の規格も情報レ
 ベル用ネットワークでは考慮され始めています。

 装置ユニット全体の電源遮断ではなくユニット内の制御機器の一部だけ電
 源遮断を行なえる等の細かい制御が可能となります。

プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
関連記事へ

制御 サーボモータ コントローラ 組み込み ロボット シーケンサ 計測 デジタル回路 PLC アナログ回路 LabVIEW MS-DOS FPGA 試験装置 電流源 メッキ用電源 ネットワーク コーヒー ソフトウェア 基板設計 3D 

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。