装置の制御構成

 今回は村山が紹介する自動機等、装置の制御構成についてです。

 お客様の要望を具現化するにあたり大まかな構成はメカ設計者と一緒の
 検討となりますが、メカ体構成が決定すると制御構成の検討となります。

 実現可能なものなのか、事前確認テストおよび試験の必要性の判断も大切
 です。

 信頼性があり単純な制御構成が最良と思います。
 しかし今ではコントローラ(CPU組み込み) + ソフト対応が当たり前のよう
 に前提となっています。

 コントローラもPC, PLC等に代表されるものから汎用ロボットや専用
 ユニットのコントローラ、製作品に到るまで何等かのソフトを組み込んで
 動作するものが大方です。

 後々の仕様追加や変更等を考慮するとソフト組み込みのコントローラ選択
 が大半を占めてしまいます。

 またコントローラも最適なものを見つけだし利用することが重要ですが
 全てを把握確認することは不可能なので、ある程度のめどをつけるための
 知識は必要です。

 未確認部分については事前テスト等で確認し明確にしておく必要もあり
 ます。制御構成の大部分はコントローラとソフト対応で決まるように思い
 ますが、その他の制御機器の選択および構成も重要です。

 特に安全規格、輸出、個別装置規格等に対応する場合は端子台、コネクタ、
 電線、ダクト等の小物から使い方を含めた仕様の考慮が不可欠です。
 規格未対応のコントローラであれば周辺機器で補ってやらなければなりま
 せん。どちらかと言えばコントローラの方が種々の規格に対応している物
 が多いため選択が楽かも知れません。

 弊社では全てを考慮したうえで最適な構成が可能なように努めています。
 弊社は主に受注生産の形態をとっており、また人員も限られているため
 量産には限界がありますが新規開発から少数の生産であればお役に立てる
 と思います。





プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
関連記事へ

制御 サーボモータ コントローラ 組み込み ロボット シーケンサ 計測 デジタル回路 PLC アナログ回路 LabVIEW MS-DOS FPGA 試験装置 電流源 メッキ用電源 ネットワーク コーヒー ソフトウェア 基板設計 3D 

リンク
検索フォーム