スイッチング電源

藤森がスイッチング電源について紹介します。

 ■スイッチング電源て何?
 知っている方も居ると思いますが、当初私には判りませんでした。
 知ったのは、スイッチング電源の設計に携わる様になってからです。

 スイッチング電源は一般の家庭用電源(AC100V)を直流電源
 に変換して供給する機器です。(ほとんど目にすることはない)
 いろんな電気機器に使われています。もちろんパソコンもそうです。
 
 ■失敗からの経験・・・
 スイッチング電源の設計を担当したころは専用機器として扱う事が
 多かった。しかも大きかった。
 今と比べると同じ性能で2倍の大きさでした。
  
 与えられた課題は、2/3の大きさにすることで設計を始めました。
 回路設計はできましたが、初めてのことで、トランス、コイルは全て自
 分で制作いたしました。

 当時は何も分からずこなしていましたが、知らないことでの失敗は、
 多いに有りました。特に勉強になったことは、パワー半導体を使用して
 試験をしていた時のことです。

 出力に負荷(電流)をかけると直ちに破損していました、原因が解らず
 先輩に聞いたところ”パワー半導体に放熱板が無いよ”と言われました。
 今では良い思い出になっています。当時は真剣でしたから、その後は
 もちろん客先要望通り完成!





プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
関連記事へ

制御 サーボモータ コントローラ 組み込み ロボット シーケンサ 計測 デジタル回路 PLC アナログ回路 LabVIEW MS-DOS FPGA 試験装置 電流源 メッキ用電源 ネットワーク コーヒー ソフトウェア 基板設計 3D 

リンク
検索フォーム