スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治具

 治具について小平がお伝えします。

 ◇治具とは工作物を固定し工具の制御や案内を行う補助的な道具・装置の
 総称。英語表記の“jig”に漢字を当てた用語。(製造業技術用語集より)

 私は、組立・測定・加工等の専用機械を設計するにあたり、一番最初に
 決定しなければならない重要なことは、対象製品(以後、ワーク)の固定
 方法と考えています。

 ワークの設置方法により各測定器や加工ユニット、ロボット、搬送系の
 配置が決められます。

 よって、ワークの設置方法 = 治具、が装置の基準になるため、作業性や
 効率よく各機器が動作できて安価な装置に仕上げるには、見積り構想設計
 時の治具設計検討をしっかり行うことが重要になります。 

 稼動している装置を見るときは、搬送系やワークのハンドリング、加工
 先端に注視しがちですが、地味で動かない治具が装置の最重要部品です。

 最近では、多関節ロボットと画像処理の併用で、治具を使用しなくても
 組立てを行う例も昨年のロボット展で見たことがあります。
スポンサーサイト
プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
関連記事へ

制御 サーボモータ コントローラ 組み込み ロボット シーケンサ 計測 デジタル回路 PLC アナログ回路 LabVIEW MS-DOS FPGA 試験装置 電流源 メッキ用電源 ネットワーク コーヒー ソフトウェア 基板設計 3D 

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。