回転速度計測

 村山が回転速度計測についてお伝えします。

 エンコーダ等の出力パルスを取得し、モータの回転速度を求めますが、比較
 的低速で複数の回転速度の計測を廉価に構成する方法がないか実施してみま
 した。

 専用基板を製作する方法もありますが、初期費用やネットワーク接続を前提
 に考えると既製品の利用も選択肢の一つです。
 F/V変換器や回転計は高機能ですが結構な価格となってしまいます。

 そこでPLCの利用を考えました。
 ほとんどのPLCはパルス入力(カウンタ)機能を持っています。(2~4ch程度)
 この機能を使用し複数のパルスを計測後、演算により回転数を求めます。

 精度をより良く計測するためには最適なサンプリング周期の選択と高い周波
 数に対しては一定時間内に発生したパルス数を計測するダイレクト方式、低
 い周波数に対しては周期を計測するレシプロカル方式をとることが一般的で
 す。またその切換点を適切にすることも必要です。

 ただし、前述の方法はPLCの入力応答周波数に依存するため、それ以上の周
 波数には対応できません。





プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
関連記事へ

制御 サーボモータ コントローラ 組み込み ロボット シーケンサ 計測 デジタル回路 PLC アナログ回路 LabVIEW MS-DOS FPGA 試験装置 電流源 メッキ用電源 ネットワーク コーヒー ソフトウェア 基板設計 3D 

リンク
検索フォーム