スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期使用のための装置メンテナンス

 村山が「長期使用のための装置メンテナンス」についてお伝えします。

 装置を長年使用するためには適切なメンテナンスが必要です。
 構成方法にもよりますが電気制御機器、特にコントローラとなる機器の選択
 が難しいところです。


 FA専用コントローラやPLC等は長期供給を保証していますがGUIの使用を前提
 にOSにWindowsを利用しなければならない場合もかなりあります。 

 汎用のWindows PCを利用した制御では問題点を多く抱えてしまいます。

 PLC等の専用コントローラはメーカ側で置き換えを考慮した後継機を準備し
 ている場合がほとんどですがコスト重視で廉価版の汎用PCを使用した場合、
 ハードの更新が早く一年後には同PCの入手が困難な場合がほとんどです。

 またHDDやDVDドライブ等の可動部品を使用している場合、24時間長期安定可
 動に耐えがたく、故障の最大原因となりえます。

 長年の使用で立ち上げ速度や実行速度に弊害が出てくることは既知の事実の
 ようです。

 OS (Windows)についても10年程度しかサポート期間が無く、サポート期間が
 過ぎるとその時点で入手可能なハードではOSに対応できない等の不都合が生
 じます。

 増設ボード等を利用している場合、OS用のドライバーソフトがボードメーカ
 側で準備されていても過去の主流であったISAやPCIバスのボードは再利用で
 きません。

 新たな増設ボードが必要となり、アプリケーション側のソフトも変更の可能
 性が出てきます。

 前述の不都合に対応するため様々な方法がありますが FA用の Windows対応ボ
 ードの使用が前提となりそうです。

 FA用のWindows対応ボードであれば過去のOSや組み込み専用OS、増設ボードの
 旧タイプバスに対応したものがあるので目的にあった選択が可能です。

 長年の使用では制御系ハードが壊れてしまうことを考慮しなければなりませ
 ん。
 新規製作できない場合、代替え等の対応で存続させることとなります。
 その際、いかにコストをかけず更新できるかは設計時に考慮しておきたいこ
 とです。
プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
関連記事へ

制御 サーボモータ コントローラ 組み込み ロボット シーケンサ 計測 デジタル回路 PLC アナログ回路 LabVIEW MS-DOS FPGA 試験装置 電流源 メッキ用電源 ネットワーク コーヒー ソフトウェア 基板設計 3D 

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。