スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回転速度計測

 村山が回転速度計測についてお伝えします。

 エンコーダ等の出力パルスを取得し、モータの回転速度を求めますが、比較
 的低速で複数の回転速度の計測を廉価に構成する方法がないか実施してみま
 した。

 専用基板を製作する方法もありますが、初期費用やネットワーク接続を前提
 に考えると既製品の利用も選択肢の一つです。
 F/V変換器や回転計は高機能ですが結構な価格となってしまいます。

 そこでPLCの利用を考えました。
 ほとんどのPLCはパルス入力(カウンタ)機能を持っています。(2~4ch程度)
 この機能を使用し複数のパルスを計測後、演算により回転数を求めます。

 精度をより良く計測するためには最適なサンプリング周期の選択と高い周波
 数に対しては一定時間内に発生したパルス数を計測するダイレクト方式、低
 い周波数に対しては周期を計測するレシプロカル方式をとることが一般的で
 す。またその切換点を適切にすることも必要です。

 ただし、前述の方法はPLCの入力応答周波数に依存するため、それ以上の周
 波数には対応できません。





図面

 守本(裕)が「図面」についてお伝えします。


 製品を作る上で図面は必要不可欠なものです。
 外観図、実装図、加工図、配線図、等々。
 
 文章だけの説明より図があった方が理解しやすいと思います。
 やはり形を目で見てイメージできることは大きなメリットです。
 
 
 そんな重要な要素である図面を描くときに意識することは

 『製作者以外の人間が見ても理解できる』

 これに尽きます。
 
 
 図面製作中は常に他人が見ても理解できるか考えます。
 これは自分の理解を深めることにも繋がる重要なことです。
 自分で理解できない図面が他人に理解できるはずはないのです。
 
 ただ、最初から完璧な図面ができるわけではありません。
 急な仕様変更、記入漏れや記入ミス、修正をする機会はたびたびあります。
 そういった変更点を図面に反映させることを忘れてはいけません。

 「自分が覚えていればいいや」という考えは非常に危険です。
 その時は覚えていたとしても、ずっと覚えていられるということはありません。
 何より、図面にないことを他人が理解できるはすがないですよね。
 必ず記録に残しておきましょう。
 
 図面は製作者本人だけが見るわけではありません。
 誰でも理解できるように、と意識を持つだけでいいのです。




リレーショナルデータベースを利用した品質管理アプリケーション


 望月がリレーショナルデータベースを利用した品質管理アプリケーション
 についてお伝えします。

 最近の案件で、複数装置の測定結果を自動収集した上で正規分布化し、
 日替わりでグラフ表示するというアプリケーションを作成しました。


 一日で数百件、年間で数万件以上に及ぶ測定データを管理するにはCSV
 ファイルなどへの保存では少々大きすぎます。
 
 また、収集対象がローカルの装置ではなく、複数台にわたる測定装置の
 場合、データアクセスの取り合いが難しい問題となります。

 こういったケースで有効なのがデータベースです。


 さらに、リレーショナルデータベースであれば複数データ間では共通と
 なるような情報、例えば別の日に測定したそれぞれの結果に対して
 測定条件は同じなどの場合、測定結果そのものと測定条件を別テーブル
 で管理し、それぞれのテーブルを固有IDで関連付ける事でデータ容量の
 削減やアクセス時間の短縮にもなります。

 測定装置として単純な測定結果の規格値に対する合否はもとより、昨今
 では品質管理の観点から測定結果の日々の傾向から製造ラインの異常を
 事前に判断するような必要があり、今後このような形のアプリケーション
 の要求は増加するものと思います。

 また、こういったシステムであれば、合格品ではあるが潜在的な不具合
 をもつ2次不合格品を出荷前に検出できる事があります。

 これは現状では単なる正規分布による判断ですが、膨大な収集データを
 生かし、将来的にはマシンラーニング手法による判定等も視野に入れる事
 が可能かと思います。

 今回作成したアプリケーションでは、測定装置の各クライアント側には特に
 データベースの導入を行なわず、サーバー側がネットワーク経由で測定
 データを収集し、データベースに保存する構成をとっております。

 この形であれば、既存の装置であってもネットワーク接続された環境で
 あれば、データサーバ側が勝手にデータ収集し、各データフォーマットを
 理解してデータベースに落とし込ませる事で測定結果のデータベース化が
 可能となります。




美しくを課題にパート3

 藤森が”美しくを課題にパート3”をお伝えします。

 今回は見た目重視の1例を取り上げます。
  
 井上製作所様から、コーヒーリードミル型番:RG05-SE(電装部)
 の製作依頼がありました。
 http://www.inoue-seisakujo.jp/products/05se/05se.html

 仕様としまして、外観をステンレスで無地とのこと。

 標準色:板金に赤系の塗装を施していますが・・・ステンレスに難題      

 早速に加工屋さんと相談した。
 結果、現状の指定板厚では、ゆがみ等が発生するとのこと。
 「ではどの位の板厚でしたら可能か?」と相談し、検討して頂きました。
   
 結果的に設計変更となりました。外観図寸法は変更なしです。

 加工が出来上がり、仕上がり良好、光沢が素晴らしい。

 早速本体組み込み開始。
 汚れないように丁寧に扱いました。
 まるで鏡のようです。客先の方も大変喜んでいただきました。

 実は、現在、旧タイプのコーヒーリードミルを使用して頂いておりますが
 今回、追加で購入して頂いたとのことです。有難うございます。

 板厚を0.3mm厚くしただけでも、扱い方が変わるものですね。
 勉強になりました。




ロボットハンド・・・その後(2)

 守本がロボットハンド・・・その後(2)についてお伝えします。

 ハンドは、駆動機構を除きすべて3Dプリンタで製作することにして指開閉
 のメカニズムは完成しましたが手首の振りと曲げが難しく、思案中です。

 2リットルのペットボトルを持って動かすためには相当のトルクが必要で
 難しいところです。

 ロボット展まであと4か月半なので少し焦っていますが何とかやっつけ
 なければ前に進みません。

 センサといえば指先につける予定の感圧センサを購入したのですがその後、
 メーカーから「単体販売では事業としてやっていけないのでシステム販売に
 切り替える」という案内がきました。

 確かに1個千円程度の特殊なセンサーを単品販売してもビジネスとしては
 無理があると思います。

 しかし力制御するにはその開始のトリガとしてどうしても必要な部品です。
 
 次回のブログではロボット展の様子を紹介できればいいのですが・・・ 





プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
関連記事へ

制御 サーボモータ コントローラ 組み込み ロボット シーケンサ 計測 デジタル回路 PLC アナログ回路 LabVIEW MS-DOS FPGA 試験装置 電流源 メッキ用電源 ネットワーク コーヒー ソフトウェア 基板設計 3D 

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。