LabVIEW FPGA

 柴田がLabVIEW FPGAについて紹介します。


 以前FPGAについてご紹介しましたが、最近はLabVIEW FPGAを使った案件が
 増えてきましたのでご紹介します。
 (以前の記事)https://ts1781.blog.fc2.com/blog-category-4.html


 FPGAはプログラム可能なデジタル回路です。
 LabVIEW FPGAはこのFPGAプログラムをLabVIEWで記述できるモジュールです。
 http://www.ni.com/fpga/ja/

 複雑な回路をLabVIEWで比較的簡単に記述することができるので研究開発
 部門で利用するとメリットがあると感じています。

 ■VHDL等と比べた場合の利点
 ・記述が簡単
  LabVIEWのブロックダイアグラムで記述できるのでVHDL等と比べれば
  記述が簡単です。
  IPもLabVIEWのVIとして提供されているのでIPの利用も簡単です。

 ・シミュレーションが簡単
  FPGA固有の機能を使っていなければプロジェクト内でPC側にVIをドラッグ
  することでPC上で動作をある程度確認できます。
  
 ・PCとの連携が簡単
  一番のメリットかもしれません。
  PCとFPGA間のデータのやり取り(通信)をVHDLで記述しようとすると
  かなり大変です。

  LabVIEW FPGAではいろいろな通信の手段が用意されているので簡単に
  PCとFPGA間の通信を実装することができます。

  FPGA内の値をPC上にリアルタイムに表示したりPC内にロギングしたり
  することが比較的簡単にできます。

 ■注意点
 ・専用のハードウェアが必要
  LabVIEW FPGAを利用するにはNI製のハードウェアが必要です。

 ・ロジック回路の知識が必要
  LabVIEWで簡単に記述できると言ってもロジック回路の知識は必要です。
  (特に同期回路の知識)
  LabVIEWのブロックダイアグラムがどのようなロジック回路になるかを
  ある程度想像できないとうまく回路を組めません。





FPGA

 柴田がFPGAについて紹介します。

 FPGA(field-programmable gate array)はプログラム可能なデジタル回路
 ICです。 

 最近はFPGAのおかげで大規模なデジタル回路が簡単に構成できます。

 私は20数年前PLDの時代からプログラマブルICを使ってきました。
 言語はPALASMからはじまり最近はVHDLで記述しています。
 
 FPGA内にCPUを構成したり、CPUを組み込んだFPGAが登場したりで進歩が
 非常に速いので追いかけるのがたいへんです。

 弊社ではFPGAを組み込んだ装置は当たり前になりつつあります。
 (システムの中で隠れて動いています。)
 またFPGA内にCPUを構成するALTERAのNIOSを使った装置の納入実績もあり
 ます。
プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
関連記事へ

制御 サーボモータ コントローラ 組み込み ロボット シーケンサ 計測 デジタル回路 PLC アナログ回路 LabVIEW MS-DOS FPGA 試験装置 電流源 メッキ用電源 ネットワーク コーヒー ソフトウェア 基板設計 3D 

リンク
検索フォーム