IEC 61131-3 の普及

 村山が「IEC 61131-3 の普及」についてお伝えします。

 欧州を中心に PLCプログラミング仕様の標準化を目的として1993年に国際規
 格IEC 61131-3が発行されました。
 国内では1997年にJIS B 3503に採用されています。

 欧州ではほぼ100%がIEC 61131-3準拠品のPLCで、米国においてもかなりの割
 り合いで準拠製品が使用されているようです。

 国内のPLCメーカは10社以上といわれていますが、よほど特殊でない限りIEC
 61131-3準拠品の入手が可能となっています。
 最新版を準備すれば特に意識せず準拠品を使用することとなります。
 もちろんラダー言語も規格言語の一つですので問題なく今まで通り使用でき
 ます。

 PCソフトの開発環境には及びませんが開発支援用ソフトもレベルアップして
 おり、かなり使いやすくなってきています。
 ただ、IEC 61131-3 ではプログラミング言語の統一を目指しており国内では
 各メーカ間で開発支援用ソフトの統一性がなく、独自仕様です。
 言語自体をいくら統一しても開発支援用ソフトの使用方法の習得で手間取っ
 てしまいます。

 欧米で使用頻度の高いソフトウェアPLCというものがあります。
 こちらは 3S 社のCODESYS、またはPHOENIX CONTACT 社のSoftware GmbHの
 OEM がほとんどのようで、国内でも両者いずれかのOEMでソフトウェアPLC
 またはPLCが存在します。
 若干のカスタマイズが施されてはいますがベースが同じなので操作方法が統
 一されておりハードを変更しても違和感なく使用できるメリットがあります。
 国内のPLCメーカにも考慮してもらいたい点です。

 IEC 61131-3規格準拠で新しい概念を取り込んだPLCですが、ラダー以外の言
 語の使用について、大手での使用実績等は耳にしますが普及率としてはまだ
 低いように感じます。
 実際メーカサポートへ問い合わせを行うとラダーについてはかなりの確率で
 即答を頂けますがラダー以外の言語になるとほぼ調査後の再回答となります。

 まだまだラダー主体で問題がないかもしれませんが規定された 5言語で
 アセンブラのようなIL(インストラクションリスト)は少々時代遅れを感じて
 いるため、これを除いた以下の3言語の利用はとても便利です。
 ・FBD(ファンクションブロックダイアグラム)
 ・SFC(シーケンシャルファンクションチャート)
 ・ST(ストラクチャードテキスト)
 
 習得に若干時間がかるかもしれませんがアプリケーションの内容にもより大
 いに利用したいと思います。



プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
関連記事へ

制御 サーボモータ コントローラ 組み込み ロボット シーケンサ 計測 デジタル回路 PLC アナログ回路 LabVIEW MS-DOS FPGA 試験装置 電流源 メッキ用電源 ネットワーク コーヒー ソフトウェア 基板設計 3D 

リンク
検索フォーム