スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー自販機

 守本がレギュラーコーヒー自動販売機のつづきを紹介します。


 昨年の10月25日号で8杯のレギュラーコーヒーを自動的に抽出する自
 販機を紹介しました。その中で抽出後の大量のかすをどのように排出する
 かが課題でした。今回その「画期的方法」をご紹介します。

 (10/25の記事はこちらです。)
    http://ts1781.blog.fc2.com/blog-category-29.html

 人手で数杯のコーヒーを抽出するときは大きなフィルターを使えば良いの
 ですがこれを自動的に行うことは大変難しいのです。

 そこでこのような場合はロール状のフィルターを使いロール紙を巻き上げ
 ることで抽出後のかすを一緒に排出する方法をとるのがこれまでのやり方
 でした。

 (先日テレビでセブンイレブンの店頭にあるレギュラーコーヒー抽出器の
  中を見せていました。かすの排出はこの方法でした。)

 しかしこれは1杯のコーヒーを抽出するときは良いのです。一度に8杯も
 となるとロール紙の幅が30cmしかありませんので、かすがこぼれてし
 まいます。もっと幅の広いロール紙を使えれば良いのですが市販されて
 いません。

 そこで採った方法はV型の抽出器を作ることです。V型抽出器の上にロー
 ル紙を広げ、側面は上下に動くV型の板でシールするのです。

 この中にコーヒー粉を8杯分入れて抽出後にV型を折りたたみ、周囲に
 設けたホッチキスでフィルターを綴じてしまうのです。こうすると粉が
 こぼれることなくロール紙を巻き上げるだけで自動的にかすが排出され
 新しいフィルターが供給される、という仕組みです。

 いかがでしょう。画期的と思いませんか。

 いかんせん、商品化されなかったので日の目をあびることはありません
 でした。いつかこんな、当たり前のようでありながら思いつかない
 コロンブスの卵的な機構を使った装置が商品化できればと思っています。




プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
関連記事へ

制御 サーボモータ コントローラ 組み込み ロボット シーケンサ 計測 デジタル回路 PLC アナログ回路 LabVIEW MS-DOS FPGA 試験装置 電流源 メッキ用電源 ネットワーク コーヒー ソフトウェア 基板設計 3D 

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。