スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーケンサの不思議

 柴田です。

 ■シーケンサの不思議
 シーケンサは生産設備のコントローラとして一番使われていると思います。
 それなのにシーケンサ用のプログラム言語であるラダープログラムは、
 学校ではほとんど教えてくれません。 

 BASICやC言語(最近ではJavaやMATLABもあるでしょうか?)を学校で
 習ってきた新入社員が、会社に入って「ラダープログラムで組め」
 と言われると戸惑ってしまいます。


 ■ラダープログラム
 わかってしまえば単純なラダープログラムですが仕事で使えるプログラム
 を組むのは大変です。 

 簡単にプログラムを組めてしまうので、何も考えずにボトムアップで
 プログラムを組んでしまうと解りづらくバグの多い物が出来上がります。

 大きなプログラムを組むにはラダープログラムでもソフトウェア工学的
 な考えが必要です。
 階層化や状態遷移を使ってプログラムを解りやすく組む必要があります。

プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
関連記事へ

制御 サーボモータ コントローラ 組み込み ロボット シーケンサ 計測 デジタル回路 PLC アナログ回路 LabVIEW MS-DOS FPGA 試験装置 電流源 メッキ用電源 ネットワーク コーヒー ソフトウェア 基板設計 3D 

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。