スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニコントローラRX62T

 柴田がミニコントローラRX62Tについて紹介します。

 この基板は、あるアナログ制御を依頼された時に開発した製品です。

 市販されている一般的なCPU基板にはプラスマイナス10Vのアナログ入出力
 が実装されていません。 

 プラスマイナス10Vを使用する制御ユニットを市販のCPU基板を使って構成
 する場合には、CPU基板+アナログ出力基板+アナログ入力基板が必要に
 なります。

 さらにエンコーダ入力等の差動信号を入力させるためには別途基板が必要
 です。 

 ミニコントローラRX62Tにはこれらの入出力がすべて実装されています。

 またUSBでFIFOデータ送信ができるので、上位ホストへアナログデータを
 高速で送ることも可能です。


 (使用例)
 ・サーボモータ/パウダーブレーキのトルク制御
   トルクメータの値をフィードバックし任意のトルクを出力するように
   サーボモータやパウダーブレーキをコントロールします。

 ・サーボモータの位置制御/速度制御
   速度制御型もしくはトルク制御型のサーボドライバの上位コントロ
   ーラとして構成します。
   サーボドライバからの位置パルスをフィードバックして位置決めや
   速度制御を行います。
   独自の制御ループを組み込むことができます。

 ・アナログ/パルス計測
   アナログ信号とパルス入力を同じタイミングで測定します。


 詳細仕様は下記ホームページをご覧ください。
 http://www.tech-s.co.jp/Product/Product2/Kiban2.html





プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
関連記事へ

制御 サーボモータ コントローラ 組み込み ロボット シーケンサ 計測 デジタル回路 PLC アナログ回路 LabVIEW MS-DOS FPGA 試験装置 電流源 メッキ用電源 ネットワーク コーヒー ソフトウェア 基板設計 3D 

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。